みそ蔵見学 見れば分かる有機栽培の意義

今年2月から4月にかけて、SUNNY LOTのおうちの味プロジェクト-みそ作り-で、大豆・米麹を仕入れたみそ蔵を見学することができました。ご家族が中心となって経営されている蔵で、懇切丁寧にご説明いただきました。 SUNNY LOTのみそ作りは、有機栽培の大豆と米麹を使います。この「有機栽培」と〜〜んでもなく大変です。去年有機栽培でお米を作っている青木さんのワークショップに参加しました。雑草との壮絶な戦いを経て、まさに必死の思いで栽培したお米が、収穫数日前の台風で、すべてなぎ倒され、収穫ゼロになったこと。そしてその近所の、農薬をしっかり撒いている田んぼは、何の影響もなく収穫できている状況を見た時の衝撃…。 こうした艱難辛苦を経て、農家の生活を守りながら、人体に害が少ないと想像した範疇での、最高の化学技術の結晶が「農薬」なんだと言いたいんだろうなぁと、ぼんやりヤラレタ感があったのですが、みそ蔵で見せていただいた2つのビンに、ぶっ飛びました。 みそ作りと有機栽培について楽しく教えていただきました 写真は、普通に市販されているお米と、みそ蔵が有機栽培で作ったお米の二つを、精米後に水につけたもので、20年経過しています。前者は重油のように真っ黒でドロっとしたおぞましい何かに…そして後者は真っ白のままお米の原形をとどめています。私は大の米好きですが、いやぁ〜ゾッとしました。一目瞭然こんなに違うのかと。。 キレイゴトを言うつもりはありません。現状では売価も2倍位します。またお米だけでなく、野菜や果物、肉や魚、そして水まで遡れば「人工的ななにか」に依存しない生活などありえないと思います。しかし

2月仕込みの「みそ」完成です

今年2月にスタートした「おうちの味プロジェクトーみそ作りー」。あっという間に半年の熟成期間がすぎ、いよいよ食べごろになりました。ご家族やお仲間ごとに素手でこねる仕込み方で、グループ毎に味が違ってきます。2月仕込みの皆さんから「おいしい」「また作りたい」とご好評いただき、本当に嬉しい限りです! photo by mieko_takeyama 昔は2月〜3月の農業閑散期に、一年分のみそを仕込む重労働だった訳ですが、適切な温度管理が可能な今では、年数回に分けて、少量ずつ仕込みことができ、家族や仲間で楽しむプチイベントとなりました。10月頃から、また仕込みができるプログラムを再開したいと思いますので、ぜひ参加してみてください。市販品とは違い、圧倒的にうまいですよ〜 みそ作りについて SUNNY LOTについて みそ作り過去のブログ

アーカイブ

© TOIZM INC.